エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「私たちはどうかしている」横浜流星の冷徹な表情に反響 「久々のドS感にドキドキした」

(C)Michell

 浜辺美波と横浜流星がW主演するドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の第7話が23日に放送された。

 今回は、火事から3年後に再会した、七桜(浜辺)と椿(横浜)の交錯する思いが描かれた。

 火事以来、椿は自ら菓子を作ることをやめ、光月庵の経営に尽力していた。それを知った七桜は、椿に不信感を抱いていたが、火事の後遺症で椿の目が見えにくくなっていることを知り、心が乱れる。一方、椿も七桜と再会したことで、七桜への愛と憎しみのはざまで苦しんでいた。

 そして、そんな2人を見た栞(岸井ゆきの)は、椿への思いが募り、椿の母・今日子(観月ありさ)に「椿の子どもを妊娠した」とうそをつく。

 次々と波乱が巻き起こるドロドロのストーリー展開に、SNS上では、「こんなに緊迫して目がくぎ付けになるドラマはなかなかない」「毎週、余韻がすごい」「先が読めな過ぎる」「怒濤(どとう)の展開過ぎて心が追い付かない」といったコメントが集まった。

 また、栞に迫られて、冷たく突き放す椿の姿に「冷たい表情が、声色含めてゾクッとした」「急にスンって冷たくなる椿さん格好良過ぎた。ああいう冷徹な姿を演じる横浜流星最高」「怒った椿の目にゾクゾクした」「久々のドS感にドキドキした」という声が多数寄せられた。

 次週の最終回は、2時間スペシャルでの放送が決定。SNS上には、「週1の楽しみがなくなる」「毎週ドキドキハラハラしながら楽しみにしてたのに」というコメントも投稿され、早くもロスを予感する視聴者が続出している。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ