エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

蒼井優、ベネチア国際映画祭にリモート参加 「夫と一緒に何かを成し遂げる喜びが物語を動かしていく」

リモート会見に挑んだ蒼井優

 映画『スパイの妻』の記者会見が9日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、高橋一生と黒沢清監督が出席した。

 本作は、開催中の「第77回ベネチア国際映画祭」で、コンペティション部門に出品しているが、3人は新型コロナウイルスの影響で現地入りを断念。この日は、ベネチアと東京を中継で結んで会見を行った。

 本作は、太平洋戦争前夜を背景に、時代の嵐に翻弄(ほんろう)される夫婦の運命を描いたミステリー。恐ろしい国家機密を偶然知り、正義のため、これを世に知らしめようとする貿易商の優作を高橋が演じ、夫を信じて愛し抜く妻の聡子を蒼井が演じた。

 蒼井は「(夫と)共に生きる喜び、一緒に何かを成し遂げる喜びが物語を動かしていくと思うので、そこを大切に演じました。私はとっても怠け者なんですが、聡子の生命力に負けないように、その衝動に置いていかれないように演じたつもりです」と、撮影を振り返った。

 中継終了後、現地入りを果たせなかったことについて蒼井は「本当に残念ですが、仕方ありません。こういうお祭りは、平和や安心、安全が一番に大切なので。いつもはさんさんとした太陽の中で喜び合えるけど、今回はいろりを囲んでいるような火かもしれないけど、それは今年限りであると願って過ごしたいと思います」と話した。

 高橋は「残念ではありますが、たとえリモートといった形でも参加させていただけたことがとても光栄です」と語り、黒沢監督は「不思議な感じ。つながった瞬間はイタリア語が聞こえてくるので、ベネチアだと思ったけど、通信が途絶えると、何のことはない、汐留だなと思いました」と笑わせた。

 映画は10月16日から公開。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ