エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「私たちはどうかしている」高杉真宙の豹変に驚きの声 「ラストが衝撃的過ぎ」

(C)Michell

 浜辺美波と横浜流星がW主演するドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の第3話が26日に放送された。

 本作は、15年前に老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が殺害された事件をめぐり、憎み合うようになった七桜(浜辺)と椿(横浜)が過酷な運命に翻弄(ほんろう)されながらも引かれ合う様子を描くラブミステリー。

 今回は、今日子(観月ありさ)や大旦那(佐野史郎)から悪意を向けられながらも、七桜と椿が菓子作りを通して心を通わせていく姿が描かれた。

 椿から、実は自分である、椿がかつて「さくら」と呼んでいた女の子の存在を憎んでいる理由を聞いた七桜は、自分が知らなかった母・百合子(中村ゆり)の意外な一面に衝撃を受ける。

 一方、七桜の素性を知った今日子は七桜を呼び出し、正体を暴こうとジリジリと追い詰めるも、七桜の母親を名乗る人物が突然訪ねてきて…。

 そのほか、これまで、七桜と友人のような関係を築き、唯一の味方のように描かれていた城島(高杉真宙)の思惑も明らかになった。

 SNS上には「城島くん、けなげでかわいいと思ってたけど、突然、雄(おす)み出してきてギャップの塊やん…って思ってたらラストが衝撃的過ぎ」「うわあ、子犬のようなかわいい城島くんが豹変(ひょうへん)してしまったあ」「うそでしょ…」といったコメントが集まるなど、驚きを隠せない視聴者も多かったようだ。

 また、今日子を演じる観月の怪演には、「おかみが今日も怖いです」「観月ありささんはコメディエンヌのイメージだったけど演技力がすごい」「たまらん!」という投稿が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ