エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「親バカ青春白書」新垣結衣が再び登場 「起用方法がぜいたく過ぎてたまらない」

(C)Michell

 ムロツヨシが主演するドラマ「親バカ青春白書」(日本テレビ系)の第2話が、9日に放送された。

 本作は、女子高育ちの娘・さくら(永野芽郁)が、大学デビューで悪い男にだまされないかと心配するあまり、娘と同じ大学に入学してしまった日本一「親ばか」な父・ガタローこと賀太郎(ムロ)の姿を描く青春ホームコメディー。

 第2話では、さくらが思いを寄せる畠山(中川大志)の秘密が明らかになった。さくらは、畠山の「ガタローが好きなんだ」という衝撃の告白が頭から離れず、ドギマギする毎日を送る。そんな中、畠山が何げなく言った「部屋にお化けが出る」という一言に盛り上がった同級生たちは、畠山の部屋で肝試しをすることに…。

 放送終了後、SNS上では、純真無垢(むく)なさくらを演じる永野に対し、「劇的にかわいい」「かわい過ぎて、いちいち一時停止と巻き戻しをしなきゃいけなくて、全然見るのが進まない」などの投稿が多数見られた。

 本作は、2年ぶりの連ドラ出演となる新垣結衣が、ガタローの妻で27歳で死去した幸子役を演じていることでも話題となっている。

 幸子とガタローが寝ている赤ん坊のさくらをのぞき込みながら会話をするという回想シーンがあり、新垣が登場すると、「起用方法がぜいたく過ぎてたまらない」「年取らないし、ずっとかわいい」「見せ方を分かり過ぎてる」などのコメントが寄せられ、SNSを大いに盛り上げた。

 また、霊媒師役で登場したシソンヌのじろうの演技も話題に。まるでコントのような除霊を披露し、「ツボった」「笑い声こらえきれなかった」「腹筋崩壊しそう」と大爆笑を巻き起こした。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ