エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

村上虹郎、“専用ドライバー”小泉今日子に感謝  「『おはようございます! 乗って!』みたいな…」

(左から)芋生悠、村上虹郎、豊原功補

 映画『ソワレ』完成報告会が29日、東京都内で行われ、出演者の村上虹郎、芋生悠、プロデューサーの豊原功補、外山文治監督が登壇した。

 本作は、豊原、小泉今日子、外山監督らで立ち上げた映画制作会社「新世界合同会社」の初プロデュース作品。若い男女の逃避行を描く。

 今回、俳優志望でありながらオレオレ詐欺に加担してなんとか生活している翔太を演じた村上は、「難しい役だった。監督も言っていたけど、彼には核となるものがない。彼を理解しようとしても肩透かしを食らうような感覚になる。悩みに悩んだ結果、とにかく現場に行くしかなかった」と、役作りの苦労を振り返った。

 父親から暴力を受け心に傷を負ったタカラを演じた芋生も、「脚本を読んだ段階で覚悟が必要だなと思った。役に入り込み過ぎて共倒れしてもいけない。タカラは過去にトラウマを抱えているけれど、希望の光を持ち続けている本当に強い子。そんな強い子でも一人では闘えないので、彼女と一緒に歩めたらと、寄り添う気持ちで役を作りました」と、当時の心境を振り返った。

 和歌山で行われたロケでは、プロデューサーの豊原のほか、アソシエイトプロデューサーとして参加した小泉が運転手を務めることもあったという。村上は「朝5時半の撮影とかきついな…と思いながら、ホテルの玄関まで行くと、パーンと小泉さんが車をつけて『おはようございます! 乗って!』みたいな…。専用ドライバー、そんな状態でしたね」と振り返り、笑わせた。

 芋生も「大先輩のお二人が、第一線で汗水垂らしながら動いてくださった。私たちがのびのび演じられる環境を作ってくださった」と感謝を述べた。

 映画は8月28日から公開。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ