エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

竜星涼&犬飼貴丈「心も体も丸裸になってしまった」 「“男性の肌色”が多い映画」

映画『ぐらんぶる』プレミアム夏祭りイベントの出席者たち

 映画『ぐらんぶる』プレミアム夏祭りイベントが27日、東京都内で行われ、出演者の竜星涼、犬飼貴丈、与田祐希、朝比奈彩、小倉優香、石川恋と英勉監督が出席した。

 本作は、熱狂的なファンを持つ人気青春ダイビングコメディー漫画を実写映画化。竜星演じる史上最も服を着ていない主人公・伊織と、犬飼演じる無駄にイケメンなオタクの耕平が、仲間とともにキャンパスライフを謳歌(おうか)する姿を描く。

 犬飼とともにはっぴ姿で登場した竜星は、撮影の思い出を聞かれると「沖縄に行って花火をしたり、ダイビングをしたり、きれいな海を見たり、とても楽しかった。久しぶりに、大人になってから青春を味わわせてもらいました」と笑顔で語った。

 また、撮影を通して「本当に布って大事」と実感したそうで、「序盤に草むらで全裸で転がるシーンがあるのですが、見事に毛虫に刺されました。かゆくてかゆくて『服って大事』ってそのとき思いました」と、苦笑した。

 一方、犬飼は「楽しく撮影させてもらったのですが、撮影中はものすごく“男性の肌色”が多かった。撮影が進むにつれて徐々にそれに慣れるのが怖くて、僕だけはフラットでいたいと思っていました」と告白。

 それでも「竜星さんとバディを組んで毎日裸の付き合いだった。裸で数カ月共演するというのは、ただ単に共演するよりも、心の距離の縮まり方がものすごく早い。心も体も丸裸になってしまった」と振り返った。

 映画は8月7日から全国公開。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ