エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

三浦春馬さんが師匠に送った“最後のメッセージ” 楠見彰太郎、後輩・吉沢亮を思いやる言葉を明かす

(C)Michell

 俳優でタレントの上地雄輔が21日放送の情報ワイドショー番組「グッとラック!」(TBS系)に出演した。

 番組では、18日に30歳で死去した俳優の三浦春馬さんについて、芸能界にも悲しみが広がっていることを伝えた。三浦さんの部屋には手帳が残っており、役作りなどの仕事に関する悩みが書かれていたという。

 また、三浦さんが“師”と仰ぐ、俳優で抜刀術宗家の楠見彰太郎がVTRで出演。三浦さんは2年前から演技の幅を広げるために、楠見から剣術の指導を受けてきたという。

 楠見は三浦さんについて「ミュージカル『キンキ―ブーツ』をやっている最中も、『師匠、稽古がしたい』と言うんです。ミュージカルで主演ですよ。普通だったらそれでいっぱいなのに『やりたい』と言って。あれだけの美貌と実力と才能を持っているのですが、陰に隠れた努力が、人の5倍、10倍はあった」と回顧した。

 三浦さんが亡くなる8日前には、三浦さんから“最後のメッセージ”が届いたことを明かし、「最後に彼が連絡をくれたのは7月10日。大河(ドラマ)の剣術(の指導)をやっていて、主演が彼の後輩の吉沢亮くんなので、『アミューズの若い宝をお願いします』という、連絡がきたんです。彼から僕に届いた最後のメッセージです」と語った。

 さらに、楠見は吉沢について「彼も、きっといろんなことを思っているんじゃないですか。(三浦さんが)とてもかわいがっていましたから」と語った。

 三浦さんと共演経験がある上地は、「最初に出会ったのは彼が17歳か18歳の頃」と振り返り、「プライベートを知っている方はみんな言うと思うんですけど、優しくて真面目で、仕事に対してストイックな子だった」としのんだ。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ