エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

石原さとみ主演の「アンサング・シンデレラ」 「成田凌も清原翔もめっちゃ好き」とエール続々

(C)Michell

 石原さとみが主演するドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の初回が16日に放送された。

 本作は、医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても“縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)”として患者のために奮闘する総合病院の薬剤師の活躍を描く。

 第1話は、主人公の薬剤師・葵みどり(石原)が勤める薬剤部に、新人の相原くるみ(西野七瀬)がやってきて、みどりや同部副部長の瀬野章吾(田中圭)たちの奮闘ぶりを目の当たりにする様子が描かれた。

 放送が始まると、SNS上には「こういう役の石原さとみさんって大好き」「田中圭くんのクールな感じがキュンとする」「七瀬ちゃんがかわいいし、せりふも多くてうれしい」「『あな番』の出演者が多めで最高」などのつぶやきが上がった。

 また、薬剤師の目線で医療現場の様子がリアルに描かれていたことから、「あまり表に出ない薬剤師のドラマは初めてで、すごく面白い」「人の命のために毎日尽力している大変な仕事なんだと改めて分かった」などのコメントも見られた。

 本作は、みどりと関わりを持つ謎の青年・小野塚綾役で出演予定だった清原翔が脳出血で療養中のため、モデル時代の清原と同期の成田凌が代役を務めている。

 成田が出演するシーンでは、「この役が清原翔だったと思うと泣けるけど、成田凌はいい男やね」「清原翔くん、焦らずゆっくり復帰してほしい」「清原翔くんも成田凌くんも、どっちもめっちゃ好き」「メンズノンノの友情!」「成田凌くん、ナイスアシスト。清原翔くんの早期回復をお祈りします」などのエールが続々と上がった。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ