エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「ハケンの品格」大泉洋が復活! 篠原涼子との「2人の掛け合いがあってこそのドラマ」

(C)Michell

 篠原涼子が主演するドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)の第5話が15日、放送された。

 本作は、一匹おおかみの最強派遣社員・大前春子(篠原)の働き方を通して、新たな時代の働く者の品格を問うお仕事ドラマ。

 今回は、大泉洋が演じる旭川支社長補佐の東海林武が、13年ぶりに本社に復帰を果たした。

 東海林は、早速、北海道でおいしくて痩せると評判の菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータ「100人の女性たちのアンケート」をもとに売り込みを始める。

 しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなる。そして、検査分析士の資格を持つ春子が検査をすることになるが…。

 春子と東海林が再び一緒に働き始めたことから、前シリーズでは“名物”ともいえるシーンだった、春子と東海林の丁々発止のやりとりも復活した。

 SNS上には「やっぱり、この2人の掛け合いがあってこそのドラマ」「やっと『ハケンの品格』が帰ってきた感じ。やはりトックリとクルクルパーマ(まりもになりました)が、このドラマの面白さの一つ」「ハケンの品格は東海林さんいないと成り立たない」など、歓喜の声が多数集まった。

 また、大泉の存在感の大きさを改めて感じた視聴者も多く、「洋ちゃんがいると、締まる」「さすが大泉洋さん。彼がいるのといないのとでは全く違う話になる」「大泉洋さんの存在感の大きさに圧倒される。キャラクターによる魅力も増した」「やっぱりハケンの品格に東海林さんは欠かせない」といったコメントが寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ