エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

テリー伊藤「渡部は“自分が被害者”だと言っている」 藤田ニコル、佐々木希は「苦しいんじゃないかな」

(C)Michell

 藤田ニコル、テリー伊藤が28日放送の情報番組「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演した。

 番組では、不倫問題を起こしたアンジャッシュの渡部建が週刊文春に対し、90分にわたりインタビューに応じたことを特集した。

 記事内で、渡部が複数の女性との関係を認め、相手の女性について「デートクラブのように安全に遊べる子たちというふうに認識していた。彼女たちは『接待で政治家や力士やプロ野球選手の集まりに行ったりしている』と話していた」と語ったことなどを伝えた。

 藤田は渡部について「全部まっさらに話したら、芸能界に復帰できる環境が整うのかな、と思ったんですけど、奥さん的には、聞いたことがないことや知らなくていいことを聞いちゃうと、苦しいんじゃないかなと思いました」と妻の佐々木希の心境を思いやった。

 テリーは、渡部が不倫をスクープされた週刊文春のインタビューを受けたことについて、「これは文春との“手打ち”ですね。恐らく、これはもっと決定的な写真がありますよ。例えば、トイレから出てくるところとか、いろんな写真を持っていて、反論されたら(文春には)二の矢、三の矢(がある)」と推測した。

 また、「渡部のコメントだと、彼女たちを売春婦というような扱いをしている。これもまた失礼なんです。自分の保身に回っている。全然デートクラブの子じゃないわけですよ。自分が被害者みたいなことを言っている」と指摘した。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ