エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

田中みな実の暴走ぶりに「最高の顔芸」 「M 愛すべき人がいて」スピンオフ版に期待の声

(C)Michell

 安斉かれんと三浦翔平がW主演する土曜ナイトドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)の第5話が、20日に放送された。

 本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生に秘められた出会いと別れを描く。第5話では、アユからの愛の告白でマサが自分の気持ちに気付き、2人の恋が始まる。

 そんな中、アユを憎むマサの秘書・姫野礼香(田中みな実)が大暴走。ウエディングドレス姿でマサに結婚を迫ったり、アユのライバルグループのプロデューサー・流川翔(白濱亜嵐)を仲間にするべく画策し、“恐怖のキス”をするなど、波乱の展開となった。

 SNS上には、ドラマを見た視聴者から「昼ドラ並みの勢いにドキドキした」「腹抱えるくらいに最高」「ツッコミ要素と笑わせにくる要素が多過ぎておなか痛い」「浜崎あゆみ 永遠に好き」などのコメントが上がった。

 また、田中の暴走ぶりについて、「田中みな実が最高の顔芸」「田中みな実の狂気に目が離せない…」「マジで恐怖感じるねんけど」「だんだん田中みな実に慣れてきて、もっとすごいやつちょーだい!ってなってきた」「制作陣、CM前に田中みな実の顔芸必ず挟んでくるの笑う」「流川ちゃんとのキスシーンがよかった」などのつぶやきで盛り上がった。

 さらに、田中を主人公にした本作のスピンオフドラマ「L 礼香の真実」がABEMAで放送されることが告知されると、「激アツモノ」「田中みな実、スピンオフも頼んだぞ」「もうタイトルだけで笑える」「田中みな実のスピンオフ版『L“壊すべき人がいて”』に変えてとことん狂いまくってほしい」と期待の声が寄せられた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ