エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

木村拓哉と斎藤工のバディに「最強最高過ぎる」 「BG~身辺警護人~」初回放送

(C)Michell

 木村拓哉が主演するドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の初回が18日に放送された。

 本作は、2018年1月期に放送されたドラマのシーズン2。木村演じる島崎章が、“利益優先”の組織から飛び出し、私設ボディーガードとして活躍する姿を描く。

 第1話では、「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」所属となった島崎たちが、与党議員の後援会のパーティーの警護で、会場に紛れ込んでいた不審者を撃退するも、島崎が負傷してしまう。

 そんな中、刑務所に服役している松野信介(青木崇高)から、島崎にボディーガードの依頼の手紙が届くというストーリー。

 今回は、何かと島崎と衝突する高梨雅也(斎藤工)が、私設ボディーガードとなった島崎の初仕事に同行し、タッグを組んで依頼人の警護に当たったことから、SNS上には「あのバディ感ゾクゾクする! やっぱいいよね、男同士の熱い絆」「島崎と高梨がいいコンビでうれしい時間」「 2人のコンビが最強最高過ぎる」「めっちゃ面白かった。斎藤工とのバディが最高」と歓喜の声が集まった。

 また、島崎のギャランティーが30時間の警護で15万円だということが判明すると、「どこに連絡すれば来ていただけるのかしら」「私もたっきゅん借りたい。いくらでも払うから」「島崎さん…名刺もらって雇いたい」といったコメントも多く見られた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ