エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

千原ジュニア、コロナ自粛で紙粘土アート開花 笑福亭鶴瓶「アベノマスク」の活用法を明かす

 お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアが、笑福亭鶴瓶が司会を務める16日放送のトークバラエティー番組「チマタの噺」(テレビ東京)にゲスト出演した。

 一般人の何げない行動に焦点を当て、それを題材に鶴瓶とゲストがよもやま話を展開する同番組。この日の放送では、2人がリモートによるモニター越しでやりとりを行ったが、開口一番、鶴瓶が「まさかこんなことになるとはなぁ…」としみじみつぶやいた。

 コロナ禍の影響で「何にも(外に)出てないですし、これだけ家にいることは人生でもないですね」というジュニアに対して、鶴瓶も「仕事をこなしてジュニアと会ってしゃべれるのがうれしくてしょうがない」と語った。

 自粛生活中の家での楽しみ方について、ジュニアは紙粘土を使った作品作りに没頭している様子。VTRでは「紙粘土をこねながら何作ろうかなと考えている時間が一番楽しい」とにこやかに紙粘土をこねる姿が映り、虹を作る機械「虹機」や「口の開いたスニーカー」などの作品を紹介した。作品数は3、40点にも及ぶという。

 さらに、ジュニアは自粛明けのお笑いについて「それぞれ自粛で何してたかレースが始まるでしょうね芸人の」と予想。

 通常1000人収容できる吉本興業の劇場でも、ソーシャルディスタンスを守って200人ほどしか入れないようで、「お客さんも負担でしょうね。1人で7人分ぐらい笑わなあかんから」とジュニア。鶴瓶は「もうからへんやん完全に…」と心配した。

 最後は、2人にも届いた「アベノマスク」の話題に。ジュニアは「1回だけ着けましたけど、なんとなく支持している感じが出てちょっと。なんか変に思われてもなぁって」と苦笑した。

 対する鶴瓶は「あれ小さない? 俺は人が作ってくれたマスクの下に、隠れキリシタンみたいにしてるわ」と活用法を明かして笑わせた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ