エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

千眼美子「今恋をしています!」 「今日の見出しはここじゃないかな」

主人公のサユリを演じた千眼美子

 映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』大ヒット舞台あいさつが4日、東京都内で行われ、出演者の千眼美子、伊良子未來、大浦龍宇一が登壇した。

 本作は、宗教家の大川隆法氏が原作・製作総指揮を務めたオリジナル長編映画。千眼は喫茶店「エクストラ」でアルバイトをしながら、霊能者として人々の悩み相談に応じている主人公サユリを演じた。

 新型コロナウイルスの影響で、5月15日から“一部劇場のみ”で公開された本作だが、現在は200館以上で上映が再開している。

 千眼は「東京を舞台にした映画なので、東京の方にも見てもらいたかった。これは目に見えないものと戦う映画。今私たちもまさにそういう状況ですが、そういうものと戦っていく前向きな映画なので、やっと皆さんにお届けできるのがうれしいです」と語った。

 「ウエイトレスとしてのサユリとエクソシストとしてのサユリ、二つの顔の演じ分けはどうだった?」と聞かれると、「難しかったのですが、実は私も出家をさせていただいておりまして、今日は“25歳の普通の女の子”という感じで出てきていますが、宗教家として修行をしている身でもあるので、そこを行ったり来たりするのと似ている部分があったと思います」と説明した。

 また、映画のタイトルに絡めて「自身の秘密」について尋ねられた千眼は「今恋をしています!」と爆弾発言を。

 続けて「誰にか? 神様でーす。模範解答でしょ? 今日の見出しはここじゃないかな」と語ってほほ笑んだ。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ