エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

山田洋次監督最新作『キネマの神様』 志村けんさんの代役に沢田研二

『キネマの神様』メッセージビジュアル

 山田洋次監督の最新作『キネマの神様』で、菅田将暉とW主演する予定だった志村けんさんの代役を、沢田研二が演じることが発表された。

 本作は、3月1日にクランクインし、撮影を進めていた。物語は過去パートと現在パートに分かれており、過去パートは3月末に撮影を終了。4月から現在パートの撮影に入ろうとした矢先、新型コロナウイルスによる肺炎により、志村さんが亡くなった。その後、緊急事態宣言が発出し、撮影は長期中断を余儀なくされた。

 山田監督は、この作品の撮影を無事に終わらせ、作品を完成させることが、志村さんへの一番の供養になると信じ、撮影が再開できる日を想像し、志村さんが演じる予定だったゴウのキャスティングを改めて行った結果、沢田の出演が決定した。

 沢田の映画出演は14年ぶり。山田監督作品への参加は『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』(82)以来38年ぶりとなる。なお、撮影の再開は調整中で、公開は2021年を予定している。

 志村さんとは、かつて同じ事務所に所属し、とても仲がよかったという沢田は「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」とコメントした。

 また、房俊介プロデューサーは「山田監督は『志村さんとは違うゴウちゃん。沢田研二さんならば、別なゴウちゃんの魅力を引き出してくれると確信しています』とおっしゃっております。周りを包み込む温かい色気、唯一無二の感性を持ち合わせた沢田研二さんと、新たな『キネマの神様』を描いていきたいと思います」と語った。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ