エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

大河ドラマ「麒麟がくる」斎藤道三役の本木雅弘 「道三の最期を静かに見届けてください」

斎藤道三役の本木雅弘

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。5月10日放送の第十七回「長良川の対決」では、斎藤道三と息子・高政(伊藤英明)が激突する“長良川の戦い”が描かれ、ここまでドラマを盛り上げてきた道三がついに最期を迎える。これに先立ち、道三役の本木雅弘がコメントを発表した。

 まず、本木は「現代もまさに先行きの読めない世の中になっておりますが、親子で命を奪い合うのも日常だった戦国の世の精神生活は、この現在とまた別の過酷さを感じます」と前置きした上で、戦国大名の宿命について「あの時代は、その家がどのように存続していくかが最重要。城主ともなれば、そのプレッシャーと向き合うことが人生そのもの」と語る。

 その言葉を踏まえて、「それ故、道三と高政がそうであるように、家督を譲るとともに、志を受け渡す過程で父子は必要以上の試練を共有する…。道三と高政親子の間にあるものは、単なる愛憎とは違う次元のものなのかもしれません…。武士としての覇気も、誇りも、おごりも、愚かさも、むなしさも自我の中に飲み込んで、また吐き出してぶつかり合う…」と表現した。

 そんな道三を演じた胸中については「実のところ、演じている最中は、道三の熱情をどこに向けていくのか自分でも収拾がつかずにいました…」と告白。この点については、視聴者の反応が気になるらしく、「皆さんにはどのように映るでしょうか…」と語り、「道三の最期を静かに見届けてください」と締めくくった。

 一方、制作統括を務める落合将氏は「当時の武士の生きざまそのものを、本木さんはこの数回で体現してくれたと思います」と絶賛。さらに「『いつ死ぬかもしれないから、現在の日常や世界にあふれる美を日々愛する』。思えば本木さんはその緊張感を第一回から意識的に放っておられたようでした』と言葉を続けた。

 最後に、落合氏は第十七回の見どころについて「道三の死後、駆け付けた光秀は、高政に向かって、道三にはあって高政にはないものが何かを彼に問い掛けます。その言葉がこのドラマのテーマにもなっています」と補足し、「全編見どころの十七回を楽しんでいただけたら」と呼び掛けた。「麒麟がくる」前半のクライマックスとなる第十七回「長良川の対決」に注目だ。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ