エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

岡江久美子さん、新型コロナ肺炎で死去 63歳。3日に発熱後、6日に容体が急変

 女優の岡江久美子(本名・大和田久美子=おおわだ・くみこ)さんが、23日午前5時20分、新型コロナウイルス感染による肺炎のため東京都内の病院で死去した。63歳。同日、所属事務所がFAXで発表した。

 岡江さんは1956年8月23日東京生まれ。75年、ポーラテレビ小説「お美津」でデビューし、その後、数々のテレビドラマに出演。情報番組「はなまるマーケット」の司会などでも親しまれた。

 岡江さんは3日に発熱。主治医から「様子を見るように」と言われて療養していたが、6日に容体が急変。大学病院に緊急入院し、新型コロナウイルスの陽性と診断された。その後、集中治療室で人工呼吸器を装着して治療に当たっていたが、23日に亡くなった。

 所属事務所は「昨年末に初期の乳がん手術をし、1月末から2月半ばまで放射線治療を行い、免疫力が低下していたのが重症化した原因かと思われます」と発表した。

 夫で俳優の大和田獏と娘の大和田美帆も、所属事務所を通じて、「今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて、他は何も考えられない状態です。どうかそっと送っていただきたいと願っています」と連名でコメントを発表した。

 2人は「仕事関係者の方々、ファンの皆さま、ご友人の皆さま、長いお付き合いを感謝いたします。また、全力を尽くして治療に当たっていただいた医療関係者の皆さまに心から感謝いたします。ありがとうございました。皆さま、コロナウイルスは大変恐ろしいです。どうかくれぐれもお気を付けください」と呼び掛けた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ