エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「麒麟がくる」新キャストにユースケ、本郷奏多ら 長谷川博己「遠慮は要りません」

(左から)間宮祥太朗、長谷川博己、ユースケ・サンタマリア

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の新たな出演者発表会見が19日、東京都内で行われ、新キャストのユースケ・サンタマリア、間宮祥太朗、本郷奏多、安藤政信が、主人公・明智光秀役の長谷川博己と共に登場した。

 越前の領主・朝倉義景を演じるユースケは大河初出演。既に初回の収録を終えたという。「暗中模索の中で何もつかめないまま終わった。ただそのつかみどころのない感じが非常によかったみたいで、監督が『すごくいい!』と言ってくれて。(相手役の)長谷川くんも、かなり充実した顔をしていた。楽しくこの『麒麟がくる』を盛り上げられたら。乾杯!」と調子よくあいさつした。

 間宮は、明智光安の嫡男で光秀のいとこの明智左馬助(秀満)を演じる。後に光秀と共に本能寺の変を起こす重要な役どころとなる。「僕も初大河ドラマ。所作や言葉遣いが難しく、右も左も分からない中での撮影ですが、長谷川さんにいろいろ教えてもらいながら精いっぱい付いていきたい」と語った。

 若き関白・近衛前久を演じる本郷も大河初挑戦。「前久は非常に偉い人物。このそうそうたる皆さんが、僕に対して頭を下げてくれるのは、さぞかし気持ちがいいんだろうな、と今から楽しみです」と冗談めかしながら、「ものすごい先輩方と交わらせていただくので、ご迷惑をお掛けしないよう、最後まで精いっぱい頑張りたい」と語った。

 一方、柴田勝家役の安藤は「僕も大河初ですし、大河ドラマ自体を見たことがない」と“爆弾発言”を。撮影はまだ始まっていないが、所作指導では「完璧と褒められた」と明かし、「すごく厳しいイメージがあったので、『本当なの?』とびっくりした。撮影が本当に心配。自分だけ動きがおかしかったらどうしよう」と苦笑交じりに語った。

 そんな新キャストに対するアドバイスを求められた長谷川は「アドバイスができるような身分ではない」と恐縮しながらも、「とにかく気負うことなく存分にやられたらいいと思う。特に今回、僕は主演でありながら“受け”の存在。周りの方が存在感を出して、攻めてくださればくださるほど、僕もそれを受け止めて渡していける立場にある。遠慮は要りません」と笑顔で話した。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ