エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

スザンヌ、息子の小学校入学に「ドキドキ」 「自分の機嫌で子どもを叱らない」

 子育てについて話したスザンヌ

 再就職を目指すママを応援する「レディGO! Project」イベントが7日、東京都内で行われ、タレントのスザンヌが登場した。

 スザンヌは、2011年にプロ野球元ソフトバンクの斉藤和巳氏と結婚して長男をもうけたが、15年に離婚。現在は両親の住む地元の熊本で6歳の長男を育てている。

 今春、息子が小学校に入学するスザンヌは「ドキドキしながら私も4月に向けていろいろ準備をしています。うちの子は、朝泣かずに幼稚園に登園できたことが珍しいぐらいの甘えん坊。そんな子がいきなりランドセルを背負って一人で学校に行くようになるとは想像できなくて…」と不安を口にした。

 産後は約2カ月で仕事に復帰したというスザンヌ。

 「産後の仕事への向き合い方の変化」を問われると「意欲はあっても、頑張れない部分が出てくる。いい意味で、諦め時を知るというか。昔は私も『大丈夫です』と言っていたけど、今は時間的、距離的、体力的に難しいお仕事は『できません』と、頑張れる範囲でやらせてもらっています」と話した。

 また、スザンヌは、子育てで大切にしていることを、「自分の機嫌で子どもを叱ったりしないこと。人間なので今日は疲れたな…とかはあるけど、それで子どもに接しない。同じことで怒られる日と怒られない日があると、子どもは混乱する。自分の子どもだけど“一人の人”として接するようにしています」と語った。

 「元夫との関係」について質問が出ると、「元主人とも意外と仲良くしていて、子どもともよく会ってます。誕生日やクリスマスなど、イベントのときは、一緒に出掛けたりもするし、離婚してからの方が仲良くなったかなって思う」と明るく答えた。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ