エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

香取慎吾、巨大壁画を制作 「自分も多くの愛に支えられて今を生きている」

巨大壁画を制作した香取慎吾

 壁画「Be the Difference アート」除幕式が6日、東京都内の青山学院大学青山キャンパスで行われ、俳優でアーティストの香取慎吾が出席。学生たちからのオファーで制作した、高さ約2.5メートル、幅約11.5メートルの巨大壁画をお披露目した。

 同学の経営スローガン「Be the Difference」をテーマに、大きなステンレスパネルに描かれたのは、10体の大きなモチーフと90体の小さなモチーフの、合わせて100体。十人十色、百人百様、さまざまな違いや特徴を持った人たちがいることを表現している。

 香取は「それぞれの違いを全てマルッとハグしたい、そんなテーマを頂き、最初はあまりの大きさにうろたえましたが、形も考えも違う人間が、それぞれの愛で支え合って生きていくのは素晴らしいこと。自分も多くの方の愛に支えられて今を生きている。そんな思いで描きました」と、作品に込めた思いを明かした。

 制作日数は11日間。中央に描かれた大きなハートには、“多数の傷”が刻まれているが、「ハンマーを買ってきて、打ちつけて殴ったりした。やはり傷ついたハート、自分だけでは立ち直れないときも、いろんな人の助け、愛によって生きているんだというのを表現したかった」と説明した。

 壁画が、大学の構内に飾られることについては「すごくうれしい」とし「これからの夢をたくさん持った人たちが、僕の絵を見て、そこから少しでも何かを感じて、影響を受けて大人になっていってくれたら」とコメント。

 また「ここは皆さんが入れる場所なので、皆さんが(壁画を)見ている姿を(僕も)見に来たい」と声を弾ませた。

 俳優、歌手、画家など、さまざまな顔を持つ香取。今後の活動の比重を問われると、「今までと変わらず全部です。お話を頂ける、僕を求めてくれる場所があるところに行きたい」と言葉に力を込めた。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ