エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

須賀健太「西野亮廣さんと運命的なものを感じた」 人気絵本「えんとつ町のプペル」が舞台化

西野亮廣とのエピソードを披露した須賀健太

 舞台「えんとつ町のプペル」THE STAGE 東京初日会見&公開稽古が30日、東京都内で行われ、出演者の萩谷慧悟、須賀健太、なだぎ武ほかが登場した。

 西野亮廣が監督・脚本を務めた絵本『えんとつ町のプペル』を舞台化した本作は、えんとつ町に住む父親を亡くした少年ルビッチ(須賀)と、ハロウイーンの夜にゴミから誕生した“ゴミ人間”プペル(萩谷)の物語。

 萩谷はプペルを演じた感想を「西野さんとお話させていただいたときに、西野さんに『(ゴミ人間は)正解がないから大変だよ』って言われて、毎日どうしようと考えながら努力してきました。皆さん(の目)に生きているゴミ人間が映ればいいなと思います」と話した。

 神戸公演を終えた心境を聞かれた須賀は「原作が絵本というだけあって、お子さんや男性が多くいらっしゃっていてうれしかったです。僕は13、14歳ぐらいの少年役なんですけど、25歳になっておっさんに片足が入りかけているので、若々しい心を忘れずに最後までやりたいです」と意気込みを語った。

 「西野さんは公演を見に来た?」と質問された萩谷は「初日に見にきてくれて、喜んでくださっていたので、ほっとしました」と笑顔で答えた。

 須賀は「一緒にご飯に行かせていただいたら、褒めてくださりました。僕は10歳のときにバラエティー番組でご一緒したことがあって、当時僕が大事にしていたカードをあげたら、西野さんがそのときにかぶっていた帽子をくれたんです。今の僕の役は帽子がトレードマークなので、西野さんと『面白いな』っていう話をして、運命的なものを感じました」と明かした。

 舞台は2月5日まで、都内・天王洲 銀河劇場で上演。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ