エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中山優馬、生田斗真は「ほとんど完璧。99点」 マイナス1点は「お化粧が下手なこと」

中山優馬(左)と生田斗真

 劇団☆新感線39興行・春公演 いのうえ歌舞伎「偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)」記者会見が21日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、りょう、中山優馬、藤原さくらほかが登壇した。

 本作は、2019年3月から4月にかけて、座付き作家の中島かずき氏による脚本と、主宰者のいのうえひでのり氏の演出で上演された公演を、約10カ月を経て、改めて東京、福岡で上演するもの。

 主人公の偽義経=源九郎義経を演じる生田は「今回は、さらにクオリティーが上がった状態でたくさんの方にご覧いただけると思います」と自信をのぞかせた。

 また、本作が生田との初共演となった中山は、生田を「ほとんど完璧なんです。99点」と大絶賛するも、「舞台用のお化粧が下手なので1点引かせてもらいました。(生田は)毎日、多少顔が違います」と話して笑いを誘った。

 さらに中山は、手料理が得意なため、稽古場に「(自分で作った)お弁当を持参して、陰ながら食べている」というエピソードも披露した。それを聞いた生田が「男子の更衣室に行ったら、壁に向かっておにぎりを食べていた」と突っ込むと、中山は「自分で作ってきたのはいいけど、それを人前で食べてるのが恥ずかしくなって、隠れて食べています」と照れくさそうに明かした。

 舞台は2月15日~3月24日、都内・TBC赤坂ACTシアターほかで上演。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ