エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中山美穂「とても刺激的な役でした」 長野博「高橋優斗は弟みたいな感じ」

高橋優斗(左)と長野博

 WOWOW「連続ドラマW 彼らを見ればわかること」完成披露試写会&舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の中山美穂、木村多江、大島優子、高橋優斗(HiHi Jets)、上地雄輔、長野博(V6)ほかが登場した。

 本作は、再婚相手と息子と共に暮らすレディコミ漫画家の百々子(中山)と、同じマンションに住む三つの家族が抱える事情を描く。

 中山は、自身の役柄について「百々子はずっと家で仕事をしていて外に出ることをしてこなかった女性で、一風変わっているなと思ったので、そこを楽しんで演じました。とても刺激的な役でした」と話した。

 中山の元夫で、大島の現在の夫役を演じた長野は“2人の妻”と共演した感想を聞かれると、「中山さんは漫画家(役)なので、個性のある衣装が多かったんですけど、何を着ても似合っていて本当にすてきでした。優子ちゃんは誰にでも話し掛けて場を和ませてくれるので、すごく仲良くなれました」と話した。

 中山の息子役を演じた高橋は「中山さんは本当にお母さんのように裏でも優しくしてくださったんですけど、お父さん役の生瀬(勝久)さんが厄介で、本番の直前まで僕をいじってきて『必殺若手つぶし!』って言われました。大島さんにも私服がダサいことをいじられました」と暴露して笑いを誘った。

 また、長野はジャニーズ事務所の後輩の高橋の印象を「年は倍以上も離れているんですけど、弟みたいな感じで、すーっと入ってくるんですよね。年末のカウントダウンライブで一緒だったときも裏で話し掛けてきてくれました」と笑顔で明かした。

 ドラマは11日午後10時スタート。

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ