エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

『G.I.ジョー』最新作、日本国内ロケが決定 H・ゴールディング「美しい寺院を訪れるのが楽しみ」

(左から)アクション監督の谷垣健治氏、小路アンドリュー、安部春香、ヘンリー・ゴールディング、ロベルト・シュベンケ監督、イコ・ウワイス、平岳大

 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』製作発表会が10日、東京都内の日枝神社で行われ、出演者のヘンリー・ゴールディング、平岳大、安部春香、小路アンドリュー、イコ・ウワイス、ロベルト・シュベンケ監督ほかが出席した。

 最強の戦闘エキスパートチーム「G.I.ジョー」の活躍を描く映画『G.I.ジョー』のシリーズ最新作が、日本国内で数カ月にわたって撮影されることが決定。この日の会見では、実際のロケ地として、姫路、大阪、茨城などが発表された。

 本作の主人公は、同シリーズの人気キャラクター・スネークアイズ。漆黒のマスクで正体を隠し、これまで謎に包まれてきた彼の誕生の秘密が明らかになる。

 スネークアイズ役のゴールディングは「大変象徴的なキャラを演じることができて光栄。スネークアイズはこれまで武器と見なされてきたが、今回は、そのマスクの裏側に隠されてきた“目”を見ることで、彼の過去や、その背景にある個性が見えると思う」と見どころを紹介した。

 ゴールディングは、過去にも紀行番組の撮影で日本を訪れたことがあるという。今回の滞在で「可能な限りおいしいものを食べたい。美しい寺院を訪れるのも楽しみです」と期待に胸を膨らませた。

 一方、ハリウッドのアクション大作に挑む平は「45歳になって初めてアクション映画に出ることになるとは」と照れ笑い。「1、2カ月半ぐらいみんなと汗を流しながら稽古をした。本番ではどのセットを見ても『すごいのを建てたな!』と、スケールの大きさを感じています」と、現場の様子を興奮気味に伝えた。

 日本映画の大ファンというシュベンケ監督は「(本作には)チャンバラなど、日本の文化から出てきたものを盛り込んでいる。任侠もののエレメントも入れたい」などと構想を明かし、「この映画は見た目も雰囲気も、今までにないユニークなものになると思う」と自信をのぞかせた。

 映画は2020年公開。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ