エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

吉沢亮「イケメンと気付いたのは小学5年生」 ポン・ジュノ監督からの質問に回答

(左から)ポン・ジュノ監督、吉沢亮、ソン・ガンホ

 映画『パラサイト 半地下の家族』の舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、主演のソン・ガンホとポン・ジュノ監督が登壇。スペシャルゲストとして俳優の吉沢亮も登場した。

 本作は、全員失業中の貧しい一家と、IT企業を経営する裕福な社長一家という、相反する家族の出会いから、想像を遥かに超える展開へと加速していく物語。

 貧しい一家の父を演じたガンホは「初めは金持ちの社長役だと思っていたのに…」と笑わせながら、「この映画は誰かが誰かを恨んだり、対立したりする映画ではありません。『どう生きていったらいいのか』を問い掛けてくれる映画です。皆さんがこの映画を見て、幸せな気持ちになってくれたらうれしいです」と呼び掛けた。

 イベント中盤には、ジュノ監督の大ファンという吉沢が花束を持って登壇。本作について、「純粋にすげー!と思った。圧倒的なエンタメ感。笑い、涙、ホラー、サスペンスなどいろんな要素が入っているのに、それが一切邪魔をせず、完璧に融合されている。絶対に見るべき映画だと思いました」と伝えた。

 そんな吉沢にジュノ監督が「ご自身がこれほどイケメンだと気付いたのはいつ頃のことですか?」と質問。吉沢が「小学校5年生の頃ですかね」と答えると、ジュノ監督は「どうして小学校4年まで気付かなかったの?」と突っ込みを入れて笑わせた。

 また、ジュノ監督は、吉沢主演の『リバーズ・エッジ』を鑑賞したことがあると告白。これには吉沢も「うれしいですね。本当にこんな場所に僕がいるのはおこがましいぐらいにすごい人たち。そんな方に見てもらっていたんだと、不思議な気持ちです」と感激しきりの様子。

 さらに、司会者から「いつか一緒にお仕事も?」と振られると、「お願いします。そんな夢のような日がくればうれしいですけど…」とはにかみながら、頭を下げた。

 映画は2020年1月10日から全国ロードショー。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ