エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松岡茉優、新人賞の鈴鹿央士を絶賛 「こちらのせりふが飛ぶぐらい純粋な目」

松岡茉優(左)と鈴鹿央士

 報知新聞社制定の「第44回報知映画賞」の表彰式が18日、東京都内で行われ、主演男優賞を受賞した中井貴一、同じく主演女優賞の長澤まさみ、助演男優賞の成田凌、助演女優賞の小松菜奈、新人賞の鈴鹿央士、玉城ティナほかが出席した。

 作品賞・邦画部門に選ばれた『蜜蜂と遠雷』(石川慶監督)は、恩田陸氏の直木賞受賞作を映画化したもの。同作で天才ピアニストの風間塵役を演じた鈴鹿が新人賞を受賞。同作に主演した松岡茉優が、花束贈呈ゲストとして登場した。

 松岡は「彼と目線を合わせてお芝居すると、せりふが飛んでしまうぐらい真っすぐで。見たことのないような純粋な目で一緒にお芝居してくれた。彼にぴったりの役だったと思います」と賛辞を送った。

 「これから彼がたくさんの役と出会っていくことが楽しみだし、その門出が『蜜蜂と遠雷』であることも誇りに思います。何より報知映画賞さんで鈴鹿くんのお芝居を『良かった』と判子を押してもらえたような気持ちでうれしいです。本当におめでとう」と祝福の言葉を述べた。

 マイクの前に立った鈴鹿は「何か、捨て犬を拾ってもらったような感覚で…。捨てられてはないのですが、パッと出てきた僕を(監督の)石川さんがオーディションで見つけてくれて、いろいろ鍛えられながら映画を撮影して、今こういうところでしゃべっていることは本当に想像できなかったことなんです」と初々しくスピーチした。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ