エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

蒼井優、高橋一生と18年ぶりに共演 夫婦役に「無敵だなと思った」

高橋一生(左)と蒼井優

 映画『ロマンスドール』の完成披露試写会が18日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生、蒼井優、三浦透子、きたろうとタナダユキ監督が舞台あいさつに登壇した。

 本作は、2009年にタナダ監督が刊行した小説を、自ら脚色し、映画化。ラブドール職人であることを隠している夫と、ある秘密を抱える妻の濃密な10年間を描く。

 高橋と蒼井は、『リリィ・シュシュのすべて』(01)以来の本格共演。高橋は「ずっとご一緒したくて、何度かお会いしたことはあったけれど、今回、すんなり入れたのがうれしかった」と振り返った。

 一方、蒼井は、同作が映画初出演だっただけに、「何も知らない私を見ているから、地元の知り合い感覚で、勝手に親近感を覚えていた。普段は『一生くん』と呼んでいるけれど、すごい先輩。でも、今さら高橋さんとは呼べなかった」と照れながら明かした。

 その上で、「心でのお芝居と、技術も持っている両刀の方。無敵だなと思ったので、せりふを素直に聞いて返すのみでした」と語った。

 劇中では、2人のラブシーンもあるが、高橋の師匠に当たる職人を演じたきたろうが「2人がリアルなんだよね。互いに恥ずかしそうにしているところがとてもいいんですよ。でも僕は、もっとエッチになってほしかったな」と発言。高橋は困惑した表情を浮かべながら、「エッチのシーンを主体に話さないでください」といさめて会場の笑いを誘った。

 高橋は「とてもいい環境作りをしていただいた現場で、素晴らしい作品になった。秘密やうそが大きくフューチャリングされているけれど、失ってしまい、戻らないものと、どう折り合いをつけるか、日常は続いていく絶望の中に一つでも光明を見いだしていただければ」とアピールした。

 蒼井は「すてきな映画ができてとてもうれしい。ご覧になった方に寄り添えると自負しています」と自信のほどを語った。

 映画は2020年1月24日から全国ロードショー。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ