エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

大沢たかお「生きてちゃんと終われるのかな」 「自分の俳優生命を懸けてぶつかった」

天才科学者を演じた大沢たかお

 映画『AI崩壊』完成報告会見が17日、東京都内で行われ、出演者の大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリス、三浦友和と入江悠監督が出席した。

 本作の舞台は10年後の日本。天才科学者・桐生(大沢)が開発したAI(人工知能)は、全国民の個人情報、健康を完全に管理し、人々の生活に欠かせないライフラインとなっていた。だがそんな“人に寄り添う”はずのAIが突如暴走を開始、国中が未曽有の大混乱に陥る…というストーリー。

 大沢は、完成作について「息もつけないぐらいハラハラ、ドキドキで進んでいく。予想もつかない。ものすごいスケールで2時間押し寄せてきます」とアピールした。

 演じる桐生は、開発者でありながら、AIを暴走させたテロリストとして、警察に追われる役どころ。「3週間ぐらいずっと(撮影で)走っていた。スタントもいなくて、『全部自分でやれ』ということだった。CGもほとんど使わなかった」と明かした。

 「一番大変だったシーン」を問われると、「むしろ大変じゃなかったところがなかったので…。『いつ終わるのかな』『生きてちゃんと終われるのかな』と思いながらやっていた」と振り返って笑わせた。

 そんな大沢だが、本作に対する熱い思いを語る場面も。最後のあいさつでは「私事ですが、2年ぐらい(俳優業を)休んでいて、去年ようやく現場にもう1回戻ろうと思ったのですが、そのときに『メーターを振り切っている、一番挑戦している作品だけをやって、自分の俳優人生を終わろう』と決めて戻ったんです」と告白した。

 続けて「そういう意味では、企画をもらった段階から(製作の)日本テレビさんは何を考えているんだろう?と思った。でもこんなに難しい台本をこれだけのお金を掛けて勝負するというところにロマンを感じたし、これは自分の俳優生命を懸けてぶつからなければいけないと思って参加しました」と並々ならぬ思いを語った。

 映画は2020年1月31日から全国公開。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ