エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

堤真一「岡村くんは普段めっちゃ声が小さい」 岡村隆史、堤の物忘れを心配!?

今年の漢字一文字を発表した(左から)岡村隆史、堤真一、中村義洋監督

 映画『決算!忠臣蔵』大ヒット御礼舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、岡村隆史と中村義洋監督が出席した。

 この日は、劇中に何度も出てくる「なんでやねん」のせりふに掛けて、「互いに『なんでやねん』と思っていること」を発表した。

 堤は「岡村くんは今回、非常に抑えた演技をしているけど、普段もめっちゃ声が小さい」と紹介。「初めて食事に行ったときも、声が小さいから、本当はあまり来たくなかったんかな? 先輩やから行かな、と無理くり来たんかなと思った。まあ違ったみたいですけど」とエピソードを語った。

 岡村は「仕事では声を張るけど、仕事が終わるとパッとスイッチを切ってしまう。普段も相手に聞こえているだろう、ぐらいの声でしゃべっていたけど、皆さんは勘で『へぇ』と応えてるだけで、実は全然伝わっていなかった。これからはちょっと声を張っていきます」と説明した。

 そんな岡村も堤に対して「なんでやねん」と思うことがあるといい、「本人がびっくりするぐらい、全然(撮影中のエピソードを)覚えていない。一緒に食事に行ったときも(共演者は)いろいろお話をさせてもらって、座長(堤)から『こんなことを言ってもらえた』とうれしく思うのに、イベントでそれを話すと、(堤)本人が『そんなん言った? 俺覚えてへんわ』と言うので、みんなが『えっ!』となる」と語った。これには堤も「ちょっとボケ始めているのかも…」と苦笑した。

 また「今年1年を漢字一文字」で発表するコーナーでは、堤が「◯」と掲げ、「家で子どもにあまり怒らなくなった。丸くなってきたと思います」と父親の顔をのぞかせた。

 一方「闇」と書いたフリップを出した岡村は「全てはここから始まった」と、「闇営業問題」に揺れた吉本に触れ、「来年はいろんなことがまとまり、会社も新しくなってくると思う。来年は明るく皆さんを笑顔にしていきたい」と誓った。

全国選抜小学生プログラミング大会
新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ