エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

辰巳雄大「日本一キュートなお母さんで幸せ」 小林麻耶、鈴木杏樹とは「目を合わせられない」

舞台への意気込みを語った辰巳雄大

 舞台「罪のない嘘」~毎日がエイプリルフール~の記者発表が3日、東京都内で行われ、出演者の佐藤B作、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、小林麻耶、菅原りこ、あめくみちこ、鈴木杏樹、片岡鶴太郎が登場した。

 本作は、三谷幸喜氏作の「アパッチ砦の攻防」を原作としたコメディー。会社をつぶし、借金まみれになった鏑木研四郎(佐藤)が住んでいたマンションを舞台に繰り広げられる人間模様を描く。

 佐藤は「腹から笑える舞台です。今回は時の人もいるし、きれいな方もいるし、すてきな共演者が集まってくれました。スリルとサスペンスにあふれる舞台にしたいです」と語った。

 鏑木の娘の婚約者・堤万次郎を演じる辰巳は「僕は舞台が大好きで、三谷さんの作品に出るのが目標でした。コメディーも大好きですし、M-1グランプリにも出させていただいて、漫才のテンポもすごく早いものがあったので、M-1の経験を生かして臨みたいです」と意気込みを語った。

 続けて「(本作は)すごい会話劇なので、台本が今まで頂いた中で一番分厚かったのでびっくりしました。もう一つびっくりしたのが、僕のお母さんが小林麻耶さんということで、僕は日本一キュートなお母さんの下、幸せな息子として頑張っていきます」と話すと、母親役の小林は「こんなにカッコいい息子がいるなんて。母らしくできるように頑張ります」と返して笑顔を見せた。

 また、小林は「私はドラマ『あすなろ白書』が大好きで、今回、鈴木杏樹さんとご一緒できるなんて、信じられない気持ちです。目を合わせられないぐらいにうれし過ぎて、中学生の自分に言いたいです」と目を輝かせると、鈴木は「光栄です」と笑顔を浮かべた。

 舞台は2020年1月9日~19日、都内・ヒューリックホール東京ほか全国で上演。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ