エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

よゐこ有野「公務員になりたかった」 芸人になったきっかけは「濱口の誘い」

 有野晋哉(左)と濱口優

 「キッザニア東京 クリスマス特別トークイベント」が29日、東京都内で行われ、応援アンバサダーとして、お笑いコンビのよゐこ(有野晋哉、濱口優)が出席した。

 同所では、29日~12月10日の期間限定アクティビティとして、今年大流行した食材をテーマとした「タピオカデザート体験」などを展開する。

 早速子どもたちの作った「タピオカデザート」を試食した2人は「うまい」と絶賛しながら、あっという間に完食。

 将来の夢を聞かれた男の子が「よゐこさんみたいな芸能人になりたい」と答えると、2人は「ありがとう。ええ子やなぁ」と目を細めながらも「華やかさはないよ」と諭して笑わせた。

 また、さまざまな職業体験ができる同所にちなみ、「子どもの頃になりたかった職業」を尋ねられた濱口は「僕は探偵です。ちょうど松田優作さんの『探偵物語』の再放送を毎日見ていた。憧れていました」と告白した。

 一方、有野は「ずっと区役所などで働く公務員になりたかった。安定収入がほしかった。それが流れに流れてこれですよ」と苦笑。芸人になったきっかけは「同級生に誘われて…」と濱口の誘いだったことを明かした。

 濱口が「(有野は)公務員の次はコックさんになりたかった。その夢をあきらめてもろて、僕の夢に付き合ってもらった」と話すと、有野も「すぐ終わるやろうと思っていたら、全然終わらへん」と笑った。

 さらに、濱口は「職業体験で大切なのは褒めてもらうこと。最初にやったときに褒めてもらえると、『俺できるんねんや』という自信になる」と語った。

 だが「僕自身は全然褒められる子どもではなかった。友達にも『クラスの中で2番目ぐらいにおもろい』と言われるような子やった。2番目ぐらいの人が松竹芸能に入るんです」と明かした。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ