エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

芳根京子「私の中では『2日間戦争』でした」 北村匠海「僕にとっては『2日間感激』でした」

北村匠海(左)と芳根京子

 映画『ぼくらの7日間戦争』完成報告&ヒット祈願イベントが20日、東京都内で行われ、声優を務めた北村匠海、芳根京子、鈴木達央と村野佑太監督が出席した。

 本作は、宗田理氏のベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』の舞台を、2020年に移してアニメーション映画化したもの。原作は1988年に宮沢りえの映画デビュー作として実写化され、話題を呼んだ。

 主人公の鈴原守を演じた北村は「僕は小学生のときに、図書館でこの小説に出会いました。当時、先生や親に対してどこかモヤモヤしている気持ちを代弁してくれるような作品だな、と感じていたけれど、小学生だった僕が勇気をもらったように、今の学生や10代の皆さんにこの作品が届けば」とアピールした。

 鈴原の幼なじみの千代野綾役の芳根は「歴史のある、たくさんの人に愛されている作品に携われてうれしい。たくさんの方に楽しんでもらえたら」と語った。

 W主演の2人はこれが初共演。アフレコ収録を振り返った芳根は「北村さんとは、本当に支え合いました」としみじみ。また「(プロの)声優の方々にも本当に救われました。普段の芝居とは違う現場の中で、私がちょっと悩むと、すぐにそれを感じ取ってフォローしてくださった。2日間の収録だったので、私の中では『2日間戦争だ』と思いながらやっていたのですが、皆さんの力で乗り越えることができました」と感謝を述べた。

 一方“大のアニメ好き”で知られる北村は、現場でも「あの声(の担当)なんですよね?」と、声優の鈴木に大興奮だったことを告白。さらにスタジオの食堂で、大好きなアニメ作品の主役と遭遇したエピソードが明かされると、「現場ではずっと感動していました。僕にとっては『2日間感激』でした」と振り返った。

 映画は12月13日から全国ロードショー。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ