エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

吉田沙保里「フィギュアスケートを体験してみたい」 アスリートによる指導プログラムで

 「Airbnb記者発表会」に出席した吉田沙保里

 旅行コミュニティプラットフォーム「Airbnb記者発表会」が19日、東京都内で行われ、ゲストとして元女子レスリング日本代表の吉田沙保里が登場した。

 「Airbnb」と、国際オリンピック委員会(IOC)が公式パートナー契約の締結を発表。その一環として、両者は共同で、世界各地のオリンピアンを中心とした、アスリートによる「体験」カテゴリをスタートさせる。

 利用希望者が、アスリートから直接指導を受けることができる同プログラム。アスリートが自身の競技体験を生かして「直接収入を得る機会」となる可能性もある。

 吉田は「とてもいいことだと思う。私の後輩や知り合いでも、『引退をした後のセカンドキャリアどうするか』と悩んでいる人は結構多い。アスリートの活躍の場が広がることは、本当にありがたい。どんどん広まってほしい」と期待を込めた。

 また「選手たちにまじまじと教えてもらうことは、将来の子どもたちにとっても底上げになると思う。そこから『選手になりたい』と、将来のスポーツ選手が生まれるかもしれない」と語った。

 さらに、「大人でも、通常は『この競技をやってみたい』と興味を持っても、簡単にできるものではない。ましてやレスリングなんて環境がないと難しい。私に『投げられたい』と話す男性が結構いるけど、この場で投げるわけにもいかないじゃないですか?」と、同プログラムなら可能だとアピールした。

 吉田は、自分なら「フィギュアスケートを体験してみたい」と希望を口にした。

 「浅田真央ちゃんとか…。友達ではあるのですが、専門の方に教えてもらうのはまた違いますよね。絶対に目が回りそうだけど、スイスイ滑ることができたらすごく気持ちがいいと思う。それは自分一人では多分できないことなので、教わることができたら、こんなにぜいたくなことはないです」と声を弾ませた。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ