エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

福山雅治、石田ゆり子の告白に驚きと称賛 「えっ、初耳!、すてきじゃないですか」

石田ゆり子(左)と福山雅治

 映画『マチネの終わりに』公開記念舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の福山雅治、石田ゆり子と西谷弘監督が登壇した。

 本作は、世界的クラシックギタリスト(福山)と、パリの通信社に勤務するジャーナリスト(石田)の6年間に及ぶ愛とすれ違いを描いたラブストーリー。

 映画にちなみ「最近あった出会い」について聞かれた福山は「この映画でクラシックギターと出会えたことが大きい。撮影の前後で6本ぐらい買いました。どっぷりです」と明かした。

 さらに「撮影が終わった今も右手の爪を伸ばし続けている」といい、「乱暴に物を触ったりすると、爪が割れたりするので、生活でも気を付けなきゃいけない。楽器もこの爪も、僕にとっては新たな出会いです」と語ってほほ笑んだ。

 一方、石田は「私もこの映画に携わってから、クラシックギターにすごくハマってしまって…。本当に好き。1日中クラシックギターのCDを聞いているんです」と紹介。さらに「この際、言っていいのかな…? 実は私もギターを買いました」と発言して、福山を「えっ、初耳!」と驚かせた。

 石田は「聞いているうちに、だんだん頭がおかしくなってきて、『自分も弾けるんじゃないか』と思えてきて。『この年からできるならやってみよう』と思って買いました」と経緯を説明。

 福山は「すてきじゃないですか」と歓迎しながら、「なんで一言、言ってくれなかったんですか? 値引きとか協力できたかもしれないのに」とボヤいたが、石田は「恥ずかしくて言えませんでした」と釈明した。

 石田は「ちょっと上手になったら、一緒にやってみたいですね」と、福山にセッションの提案も。福山が「やっぱり大胆ですね」と感嘆すると、石田は「まだ何もやっていない。買っただけ。3日後ぐらいからレッスンが始まるんですが…」と打ち明けて笑わせた。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ