エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

片寄涼太、橋本環奈の不思議な言動を暴露 酒井若菜「環奈ちゃんはおっさんという感じ」

橋本環奈(左)と片寄涼太

 映画『午前0時、キスしに来てよ』の舞台あいさつイベントが12日、東京都内で行われ、出演者の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、橋本環奈、眞栄田郷敦、八木アリサ、岡崎紗絵、鈴木勝大、酒井若菜、遠藤憲一、新城毅彦監督ほかが登壇した。

 本作は、国民的スーパースターと普通の女子高生の恋愛を描いた同名人気漫画を映画化。スーパースター綾瀬楓役を片寄、超真面目だけど、おとぎ話のような恋愛に憧れる女子高生・花澤日奈々を橋本が演じた。

 「共演者の秘密のエピソード」を尋ねられた片寄は「橋本さんは、お昼の11時ぐらいになると『おなかがすきそうだな』と言う。『おなかがすいた』ではなくて、『すきそうだ』ということを僕らに伝えてくれる、予言するんです。あまり天然的な部分はない方なんですが、撮影中に、唯一『これは何だろうな?』と思いました」と笑いながら振り返った。

 これを受けて橋本は「自覚はなかったのですが、確かに、言っているなと思います」と苦笑。片寄から「普通はすいてから言いますよね?」と突っ込まれると、「今後はそう言います」と返した。

 劇中で母親役を演じた酒井も「環奈ちゃんはおっさんという感じ。テレビで拝見していたときは、本当に美少女で声がハスキーで、ギャップのあるかわいい子だと思っていたのですが、実際に会ったらまぁ肝が座っている方だなと」と印象を語った。

 司会者から「この指摘は正しい?」と聞かれた橋本は「そうですね。受け入れるしかないという感じ」と照れ笑い。酒井はそんな橋本を「撮影でも引っ張ってもらった。気さくで頼りがいもあって、男気があって、しかもかわいい。何でも持っている」と褒めちぎった。

 映画は12月6日から全国公開。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ