エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

葵わかな、木下晴香とWキャストでミュージカル 「晴ちゃんは親友、同志でもありライバル」

「Journey to the Past」を熱唱した木下晴香(左)と葵わかな

 ミュージカル「アナスタシア」制作発表会見が12日、東京都内で行われ、出演者の葵わかな、木下晴香、海宝直人、相葉裕樹、内海啓貴、山本耕史、堂珍嘉邦、麻実れいが出席した。

 本作は、帝政ロシア時代最後の皇帝ロマノフ2世をはじめ、一族が殺害される中、皇帝の末娘アナスタシアだけは難を逃れて生き続けたという歴史上の謎「アナスタシア伝説」に基づいた物語。記憶をなくした主人公アーニャが、過去を取り戻し、愛する家族と自分の心の帰る場所を見つける旅路を描く。

 アーニャ役の葵は「日本初演となる『アナスタシア』に携われて光栄です。アーニャが、いろんな苦境に立たされながらも、夢や希望を忘れず、人の手も借りながら旅に出ていくお話。力強いその姿に、見た方も背中を押されると思う」とアピールした。

 またWキャストでアーニャを演じる木下とは、自身のミュージカルデビュー作「ロミオ&ジュリエット」で、共にジュリエットを演じた仲。

 葵は「あれから1年。自分がまた『いざ、次のステップに行こう』というときに、共に切磋琢磨(せっさたくま)した晴ちゃんがいるというのは(心強い)」とし、「親友であり、同志であり、ライバルでもある本当にいい関係。アナスタシア役として責任も増えていきますが、互いに良いところも悪いところも見つけ合いながら頑張っていきたい」と言葉に力を込めた。

 木下も「今回、Wキャストがわかなちゃんと知ったときはホッとしました」とにっこり。プライベートでも親交があるそうで、「わかなちゃんとは『切磋琢磨できるってこういうことなんだな』と、常に感じられるぐらい何でも話せる関係。だからこそお互いに欠けているところは補い合いながらやっていけたら」と語った。

 舞台は、2020年3月1日~28日、都内・東急シアターオーブ、4月6日~18日、大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ