エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

北川尚弥、武子直輝らがサンリオキャラクターと共演 「キラキラがさらに倍増しています」

(左から)ハローキティ、梅津瑞樹、世古口凌、北川尚弥、北乃颯希、大崎捺希、武子直輝

 ミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ハーモニーの魔法~の公開稽古と初日会見が8日、東京都内で行われ、出演者の北川尚弥、武子直輝ほかが登壇した。

 本作は、サンリオキャラクターが大好きな男子高校生たちの日常を切り取り、さまざまなメディアでオリジナルストーリーを展開する「サンリオ男子」の舞台版。今回は、関東、関西に続いて、新たに九州サンリオ男子を迎え、パワーアップしたステージとなっている。

 会見が始まると、登壇者たちの「キティーちゃーん!」という掛け声とともにハローキティが登場し、一緒に写真撮影を行う一幕もあった。

 本作の見どころについて、関東サンリオ男子の長谷川康太役の北川は「今回、九州サンリオ男子が加わって、さらにいい感じになっています」と話すと、「物語も歌もダンスも、全てが新しくなっていて、今回はサンリオキャラクターのこぎみゅんも出ていただきます。サンリオキャラクターと僕たちが一緒の空間にいると、そこで新しいものが生まれて、それを感じていただけると思います」とアピールした。

 九州サンリオ男子の1人、緒方尊比古を演じる武子は、本作の魅力を「前作のキラキラの部分にプラスして九州男児の熱がたくさん入っていて、キラキラがさらに倍増しています」とコメントした。

 登場人物それぞれにサンリオの推しキャラクターがいる本作。ポムポムプリンが推しキャラの北川は「しっぽが大好きで、とにかくかわいいんです。プリンのもふもふした感じに癒やされます」と笑顔を見せた。

 マイスウィートピアノが推しキャラの武子は「おしゃべりですごく優しい子で、緒方もよくしゃべるキャラクターなので、相性がいいと思います。柔らかいピンクの毛にフワフワ感があって、手触りもいいし、抱きたくなるような優しさがあるんです」とその魅力を語った。

 舞台は17日まで、都内・品川プリンスホテル クラブeXで上演。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ