エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

シュワルツェネッガー「最初はターミネーターを演じる気はなかった」 リンダ・ハミルトン「『アイル・ビー・バック』のせりふが難しかった」

(左から)ガブリエル・ルナ、マッケンジー・デイビス、アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、ナタリア・レイエス

 映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』の来日記者会見が5日、東京都内で行われ、出演者のアーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイビス、ナタリア・レイエス、ガブリエル・ルナが登壇した。

 本作は『ターミネーター2』(91)の正統な続編。シュワルツェネッガーとの2人そろっての来日についてハミルトンは「2人の間には35年来の友情と信頼がある。2人の関係の歴史を感じる。その間、彼は家族を作り、知事になり、環境問題の活動家になり、チェスの名手になった。そうした彼の変身や成長を喜びながら見てきた」と語った。

 一方、シュワルツェネッガーは「リンダは『ターミネーター』(84)で、新たな女性アクションヒーロー像を作り上げ、『2』ではさらに高みに達した。28年たって、今回もできるのかと心配したが、60歳を過ぎた彼女のアクションに圧倒された」と語った。

 また、若手の3人が口をそろえてハミルトンのアクションをたたえると、ハミルトンは「私にとって今回一番大変だったのは『アイル・ビー・バック』のせりふを言うこと。35年間アーノルドの声で頭の中にあったので、ティム・ミラー監督から『アーノルドみたいだ』と言われて何度もやり直したの」と明かした。

 「今後もターミネーターを演じるのか」と質問されたシュワルツェネッガーは「実は、最初はターミネーターを演じる気はなかった。サラを守るヒーローのカイル・リースを演じたかった。でもそこで、(ジェームズ・)キャメロン監督から説得された。それでターミネーターを演じることになったんだが、今はその説得に感謝している」と振り返った後、「自分としてはこれで終わりだと思っているが、映画は観客のものだから…」と言葉を濁した。

 最後に、「もし過去に戻れたら何がしたい?」という質問に対し、ハミルトンは「84年の髪形を変えたい。あとは、2016年の大統領選挙をやり直したい」とコメント。シュワルツェネッガーは「100年前に戻って原油や化石燃料をあまり使わないように人々に伝えたい」と環境問題に触れた。

 映画は11月8日から全国ロードショー。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ