エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中山優馬&原嘉孝、鴻上作品でダンスシーンを披露 「ジャニーズトップ5」発言の原に注意

中山優馬(左)と原嘉孝

 舞台「地球防衛軍苦情処理係」の囲み取材会が31日、東京都内で行われ、出演者の中山優馬、原嘉孝(宇宙Six/ジャニーズJr.)、駒井蓮、矢柴俊博、大高洋夫、作・演出の鴻上尚史氏が出席した。

 物語の舞台は近未来の地球。異星人や怪獣の襲撃から人類を守るために創設されたエリート組織「地球防衛軍」の「苦情処理係」で働く面々は、日々住人から寄せられるクレームの対応に奮闘する。

 苦情処理係の深町を演じる中山は「物語に出てくる問題は、今の時代でもリアルにあること。分かりやすい。あとは怪獣がリアルに出てくるのでワクワクする。視覚的にも楽しめる作品」と笑顔でアピールした。

 同じく、苦情処理係の遠藤を演じる原は、隊員服に不満があるようで「衣装が厚い。すごい汗ダラダラでやってます」と鴻上氏にクレームを述べた。

 鴻上氏は「服のせいにしないで。そもそも(原の)稽古着がいつもタンクトップ。寒くてもタンクトップ。われわれは『ミスター・タンクトップ』と呼んでいる。君の体質だ」と反撃して笑いを誘った。

 「今回はダンスシーンが多め」という中山と原だが、その理由について鴻上氏は「2人が来てくれたから。『ジャニーズの中でも踊りがうまい』と豪語していた」と説明した。

 鴻上氏から「言ったよな?」と確認された中山は「踊れる、というだけです」と苦笑交じりに釈明。鴻上氏が「いや『踊りのうまい方にいる』と言いました」と食い下がると、原が「(僕らは)うまいです。(ジャニーズ)トップ5ぐらい」と冗談めかして発言。すかさず中山が「入るか。やめとけ」と注意して会場を沸かせた。

 舞台は11月2日~24日、都内・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで上演。その後、大阪公演を予定。

スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ