エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

神木隆之介、ハロウィーンコスプレに満足 浜辺美波、映画で土俵入りを披露

(左から)中村倫也、神木隆之介、浜辺美波

 映画『屍人荘の殺人』のハロウィーンイベントが30日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、浜辺美波、中村倫也、葉山奨之、山田杏奈、大関れいか、福本莉子、塚地武雅、ふせえりと木村ひさし監督が出席した。 神木はシャーロック・ホームズ、浜辺は魔女、中村はワトソンと、登壇者は思い思いのコスプレでランウェーを歩いた。

 映画では神木が助手、中村が探偵という設定で、神木は「今日ぐらいは逆でもいいじゃん」とうれしそうだったが、中村は「なぜ私がワトソンなのか分からん」と不満をこぼし、会場の笑いを誘った。

 それでも、会場のファンも仮装をして参加したイベントに、神木は「みんな、すてきですよ。僕たちはなかなかコスプレをするタイミングがないので、いい思い出になりました」と笑顔で話した。

 本作は、「このミステリーがすごい」など昨年の国内のミステリー賞を多数受賞したベストセラー小説を映画化したもので、神木らが湖畔のペンションで起きた密室殺人の真相に迫る。  神木は「人気の小説なのでプレッシャーもありましたが、魂を込めて作りました。皆さんには驚きと笑い、そしてヒューマンドラマをお届けします」とアピールした。  ヒロインの浜辺も探偵役だったが、撮影中、木村監督の“ムチャぶり”で、雲竜型の横綱土俵入りを披露する羽目になった。「知らなかったので動画を見て、必殺技かなと思ってやりました。でも、本当に(本編で)使われるとは思わなかった」と照れながら明かした。  さらに、中村たちから、最もせりふをかんだと指摘されたが、「それはちょっとひどいです。私はせりふの量が多くて、皆さんの5倍ぐらいあった。それぐらいあったら、皆さんも同じぐらいかみますよ」と抗弁した。  映画は12月13日から全国ロードショー。

「持続可能な食と地域を考える」シンポジウム
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ