エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

齊藤工、北村一輝と、20年前の約束を果たす 「ここに一緒に来られたことを心から誇らしく思う」

(左から)齊藤工監督、北村一輝、ジョコ・アンワル監督

 第32回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA部門」に出品されたドラマシリーズ「フォークロア」のQ&Aが30日、東京都内で行われ、齊藤工監督と北村一輝ほかが登壇した。  アジア6カ国の監督が、それぞれの国の文化や社会の中で培われてきた「伝承(=フォークロア)」をテーマにしたホラーを製作。日本からは齊藤監督が参加し、北村を主演に迎えた『TATAMI』で、日本ならではの恐怖を描いた。  齊藤監督は「僕がこの業界に入ったのが約20年前。隣にいる北村さんの現場見学をしたのが第一歩だった。そんな北村さんを主演に迎えて映画を作り、ここに一緒に来られたことを心から誇らしく思います」と感慨深げにあいさつした。  北村も「20年前、まだ(齊藤が)俳優になる前に『いつか映画を撮りたい』と言っていて、『そのときは俺も呼んでくれ』と話していた。その夢がまさかかなうとは。僕にとっても特別な思いがある」と喜びを語った。 「齊藤監督はどんなタイプ?」と尋ねられた北村は「現場では怖かった」とジョークを飛ばし、これには齊藤も「うそでしょ」と苦笑いを浮かべた。

 北村は「何が一番うれしかったかというと、俳優のことも理解した上で、脚本の読み込みなど、一番大事な準備にすごく時間をかけてくれたこと」と振り返った。

 現場の雰囲気についても「彼の性格の通り、穏やかで爽やかな風のようだった。『こうやってみよう』とディスカッションしながら。あまりにスムーズにいくので、たまに『もっとないのかな?』『たまには怒ってほしいな』と思ったぐらい」と、笑いながら明かした。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ