エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

堤真一「これが本当の忠臣蔵」 岡村隆史「高倉健さんスタイルでずっと立っていた」

レッドカーペットセレモニーに登場した出演者たち

 映画『決算!忠臣蔵』ワールドプレミアが27日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、岡村隆史、濱田岳、横山裕、妻夫木聡、石原さとみ、中村義洋監督ほかが登壇した。

 本作は、限られた予算の中であだ討ちを行おうと苦労する赤穂浪士たちの姿を描いた時代劇コメディー。

 筆頭家老・大石内蔵助役の堤は「恐らく皆さんの思っている『忠臣蔵』とは違いますが、脚本を読んだとき、出来上がった作品を見たときに、『これが本当の忠臣蔵ではないか』と思った。今も確信しております。ぜひ楽しんでください」とアピールした。

 勘定方の矢頭長助を演じた岡村は「ムービースターをやらせてもらいました。最高の作品です」と胸を張った。

 また「共演者の裏話」をキャスト陣が次々に披露した。横山から「待ち時間のときにずっと立っていらした」と明かされた岡村は「高倉健さんスタイルだった」と説明。

 堤が「健さんのときは周りの人が結局全員座れなかったけど、(今回は)俺らは全員座っていたよ」と振り返ると、岡村は「誰も何も言ってくれないのでずっと立っていました」と嘆いて笑わせた。

 一方、妻夫木は、初共演した西川きよしについて、「木村さんから『師匠はいつも芸人のみんなにお年玉をくれる』と聞いて、『すごいなぁ』と話していた。そして、師匠の最後の日にあいさつに行ったら『はい妻夫木くん、お年玉』と言って僕にもくれた。それを今も宝物にしています」とうれしそうに明かした。

 これを聞いた岡村は「ブッキー、すみません。僕はもらっていませんよ」とまさかの告白を。木村が「そんなわけないやろ」と突っ込むと、岡村は「師匠は『もうやめました。切りがありません』と言っていた」と、西川の口まねをして笑わせた。

 映画は11月22日から公開。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ