エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

長谷川博己「サプライズ好き」 「相手に引かれることもありますが」

 (左から)星野源、新田真剣佑、長谷川博己、浜辺美波

 NTTドコモ「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」が11日、東京都内で行われ、同社のCM「星プロ」シリーズに出演している星野源、新田真剣佑、長谷川博己、浜辺美波が登場した。

 同CMシリーズが放送されてから1年が経過。長谷川は「最初は『最年長の僕が場を盛り上げなければ』と思っていたけど、そんなことが必要ないぐらい星野さんもマッケン(新田)さんも面白い。とにかくにぎやかな現場です」と明かした。

 この日は、互いの「意外な一面」を暴露するコーナーがあり、星野は長谷川について「スマートなのに、めちゃめちゃマニア」と紹介した。

 「長谷川さんはシュッとされていて、優しくて格好いいけど、映画に対する情熱がすごい。初めてご一緒したのが『地獄でなぜ悪い』(2013年)。そこで映画監督役だったのですが、映画に本当に詳しくて大好きなのが伝わってきた。スマートだけど胸に熱いものをたぎらせている人」と語った。

 対する長谷川は、星野の意外な一面として「歌もすごいのに、絵もすごい」とフリップで披露し、これには星野も「ちょっとばかにしてるでしょ!」と苦笑い。

 長谷川は「いやいや…」と否定しながら「あれはドラえもんですよね? なかなか描ける絵じゃない。個性的で素晴らしい」と絶賛したが、星野本人は「唐突にドラえもんを描きたくなって『うまくいった』と思ったからインスタに上げたんだけど、誰にも伝わらない」と嘆いて笑いを誘った。

 さらに「仲のいい友人との旅行プランは、相手に合わせるか?」という質問が出ると、4人の中で長谷川だけが「ナシ」と回答。

 長谷川は「僕、こう見えてサプライズ好きなんですよ。『こういう所がいいかな?』とかいろいろ調べまくって、相手が分からなくてもサプライズが披露できればそれでいい、みたいな。まあ相手に引かれることもありますが、思い出に残ることが大事ですから」と語った。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ