エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

堀田茜、初主演映画に自信 相手役に“ライダー俳優”がズラリ

映画初主演の堀田茜

 映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』公開記念舞台あいさつが5日、東京都内で行われ、出演者の堀田茜、稲葉友、西銘駿、岩永徹也、佐伯大地、三津谷亮、藤田富、水石亜飛夢、永山たかし、久保田悠来、永江二朗監督が来場した。

 本作は、同名恋愛アプリゲームの実写映画版。彼氏の浮気発覚をきっかけに婚活パーティーに参加したヒロインが、ハイスペックな10人の男たちのうそを見抜きながら、真実の愛をつかむ姿を描いた新感覚恋愛ミステリー。堀田の映画初主演に加え、稲葉、西銘、岩永、久保田、藤田など、“ライダー俳優”が多数出演していることでも話題を集めている。

 堀田は「すごく緊張しております」と心境を打ち明けつつ、「公開の実感は湧かないけど、楽しんでもらえると自信を持って言えます」と力強くアピール。

 稲葉は「堀田さんの初主演映画にご一緒させていただいて、とても光栄です」と喜ぶと、「皆さんに見ていただいてやっと映画になるので、どんどん広まっていったらうれしいです」と観客に呼び掛けた。

 それぞれのお気に入りのシーンを尋ねられると、劇中、堀田演じる香菜が男たちにビンタをしまくるシーンがあることから、永山は「ビンタされるところかな。僕はうれしかったです」とにっこり。久保田は「堀田さんと最後、ガッツリ相撲を取れたところです」とありもしないシーンを挙げてボケると、堀田から「ダウト!」と突っ込まれていた。

 「パートナーに求める譲れない条件」を問われると、堀田は「いっぱいある」と欲張りな一面を見せながら、「笑いのツボが合う人。くだらないことでケラケラ一生笑っていたい」と希望を語った。

 西銘は「声とか、雰囲気も、全て柔らかい人。筋肉質な人もアレですから…」と遠慮気味に回答。岩永は「こっちが言ったことを『世界中のみんながうそだと思っても、私だけは信じるよ』みたいな人が好き」と答え、「なんかいいこと言ってる」と堀田をうならせた。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ