エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

吉沢亮、過去は「どす黒めの青」 「リア充の悪口をずっと言ってた」

高校時代を振り返った吉沢亮

 長編アニメーション映画『空の青さを知る人よ』ブルースカイプレミアが17日、東京都内で行われ、吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音、松平健らの声優キャスト、長井龍雪監督が登壇した。

 本作は、女子高生のあおい、彼女を亡き両親の代わりに育ててきた姉あかね、あかねの元恋人・慎之介、そして過去からやって来た18歳の慎之介、通称“しんの”の不思議な四角関係を描く。

 今作でアニメ声優に初挑戦した吉沢は「光栄でしたが作品の邪魔をしてはいけないなとプレッシャーがありました。普段のお芝居の5、6倍くらいのテンションで芝居をしている感覚で、今までにないぐらいはっちゃけたりもしましたね。大変ですが楽しかったです」と、充実の笑みを浮かべた。

 また映画のタイトルにちなみ、「自身の青かった過去」を尋ねられた吉沢は「高校時代、本当に友達も少なくて、固定の友達2、3人以外とはほとんどしゃべらなかった。カーストで言うと一番下の方にいて、いわゆる“リア充”の人たちの悪口をずっと言ってました」と驚きのエピソードを披露。具体的には「キラキラしてモテそうな男とかに『いや、あいつ格好良くねーから』みたいな悪口をずっと言っていた。どす黒めの青みたいな…」と話し、笑わせた。

 吉沢は、2021年の放送のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で主演を務めることが発表されたばかり。青とは縁深い時期にあるが、「フレッシュに頑張りたいと思います」と、おちゃめに意気込みを語った。

 映画は、10月11日公開。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ