エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」開幕 浦井健治「役作りが癖になる」

アヴちゃん(左)と浦井健治

 ミュージカル「HEDWIG AND THE ANGRY INCH ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の囲み会見が8月30日、東京都内で行われ、出演者の浦井健治、アヴちゃんが出席した。

 愛と自由を手に入れるため、性転換手術を受けたものの、手術の失敗によって股間に「アングリーインチ(怒りの1インチ)」が残ってしまった、男でもあり女でもあると同時にそのどちらでもないヘドウィグ。幾多の出会いと別れを経験し、傷つき倒れそうになりながらも、己の存在理由を問い続け、「愛」を叫び、「カタワレ」を求める姿を描く。

 浦井は「女王蜂のアヴちゃんというカリスマ性のある、僕にとってのパートナーが、これだけいろいろなことにトライして、惜しげもなくいろいろなことを教えてくれた」と語った。

 一方、アヴちゃんは「浦井さんでよかったなと感じることがたくさんあって。きっと同じぐらい負けず嫌いで、かつ、相反しているもの、だけれど相反し過ぎていて、その距離も尊重しあっているというか。この2人をキャスティングした人すごいね」と語り、ほほ笑んだ。

 役作りについて聞かれると、浦井は「稽古場でスカートをはいていました。足を開いて座っていると『おマタ!』って言われて。それがいつの間にか癖になってきて、コンビニでレジで並んでいるときでも、ヘドウィグのようにこう…」と立ち姿を再現して笑いを誘った。

 舞台は、都内・EX THEATER ROPPONGIで8日まで。その後、福岡、愛知、大阪と巡演し、東京で凱旋公演を行う。

新型コロナ特集
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ