エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

ガリットチュウ福島、ターミネーターのコスプレで登場 「いろんな意味で『アイル・ビー・バック』」

ガリットチュウの熊谷茶(左)と福島善成

 映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』“審判の日”ファンイベントが29日、東京都内で行われ、お笑いコンビのガリットチュウ(熊谷茶、福島善成)が出席した。

 本作は『ターミネーター2』の直接的な続編。T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーやサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが出演するほか、シリーズ生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作としてカムバック。危機的未来のために、ターミネーターに立ち向かう人々の戦いを描く。

 この日は、シリーズで重要なキーワードとなっている「審判の日」。福島はT-800の、熊谷はサラ・コナーのコスプレ姿で登場。イベント冒頭には福島が、闇営業問題の謹慎を経て復帰したことから、「いろんな意味で『アイル・ビー・バック』です。僕にとってはこれからなので」と劇中の名せりふに掛けてあいさつした。

 イベント後には報道陣の囲み取材にも応じ、福島は「お騒がせしてすみませんでした。『ターミネーター』のように『アイル・ビー・バック』でまた元気にやらせてください。よろしくお願いします」と謝罪した。

 映画については、福島が「リンダ・ハミルトンの懸垂シーンがめちゃくちゃいいです。僕の謹慎期間を思い出します。腕立て伏せをずっとやっていたので」と話すと、熊谷も「ジェームズ・キャメロンが戻ってきた正当な続編ということで、楽しみでしょうがないです。ジェームズは映画界の大巨匠ですから」とコメントした。

 「不死身のターミネーターに掛けて、誰に見てほしいか」と聞かれると、福島は「吉本の芸人さん全員に見てほしいです」と答えた。「同じ境遇だった人に?」と問われると「そうですね」とうなずき、「1カ月ぐらい前は、自身のことを不死身で戻ってこられると思っていましたか?」と聞かれると、「全くなかったです。1カ月前は心がボロボロでした」と明かした。

 映画は11月8日から全国公開。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ