エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

竹内結子「どっちもおいしい」 みそ派か塩派かの決断を迫られる

 (左から)長田庄平、松尾駿、竹内結子、中川翔子

 「サッポロ一番 みそ派塩派大論争 新CM披露・PR発表会」が26日、東京都内で行われ、女優の竹内結子、お笑いコンビのチョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)、タレントの中川翔子が出席した。

 新CMでは、オフィスで働く竹内が、みそ派と塩派の大論争に巻き込まれて困惑する様子が描かれる。

 「実際はどっち派?」と聞かれた竹内は「難しいな。『どっちも好き』と言うのは良くないのかな…」と困惑気味。「『塩か、みそか』と話しているところで『しょうゆ』と言っちゃ駄目な空気もあるし、永遠に宙ぶらりん。まだ私も決めかねています」と苦笑した。

 そんな竹内のために、みそ派アンバサダーのチョコレートプラネットと、塩派アンバサダーの中川が登場、PR対決を実施した。

 長田が「昔からみそを食べてきた。僕の内臓はみそでできていると言っても過言でない」と語ると、松尾も「日本人の体にはみそが染みついている。絶対にみそなんです!」と猛アピールした。

 一方、中川は「絶対に塩です。全然料理をしなかった母が唯一作ってくれるのが塩ラーメンだった。土曜の夜、これから映画を見るぞというときに、母が『塩ラーメン作ったよ』って、あの瞬間の幸せたるや。塩こそ人生、塩と猫だったら永遠に褒められます」とまくし立てた。

 そこで愛の深さを測るべく、愛の叫び対決を実施。松尾が「アイラブみそ~!」と叫べば、中川も「アイラブ塩~!」と絶叫。測定の結果、中川が僅差で勝利したが、さらにレシピ対決も行われた。

 両者のアレンジレシピを堪能した竹内は、最終判定を求められると「どっちもおいしかった」と苦渋の表情を浮かべ、「すみません。私はどちらかに決めるのをあえて避けておいて、いろんな方に意見を伺いたい。皆さんの力をお借りしたい」と訴え掛けた。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ