エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

中井貴一が所信表明演説 三谷幸喜「ディーンさんとはもう1回やってみたい」

所信表明演説を行った中井貴一

 映画『記憶にございません!』のレッドカーペットイベントと完成披露試写会が19日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、三谷幸喜監督が出席した。

 本作は、政界を舞台に、記憶喪失になった総理大臣(中井)とその周辺の人物たちが起こす騒動を描く。この日は、大階段のレッドカーペットイベントで中井が映画にちなんだ所信表明演説を行い、その後、舞台あいさつに登壇した。

 トークでは撮影が昨年の猛暑に行われたことが紹介され、中井は「(水分を)飲むと汗になるので、熱中症にならない程度に水分補給をするか、うがいをするかで、喉を潤すという過酷なロケでした」と明かした。

 役作りについては中井は「僕だちはコメディーをやらないというのを第一条件にしていました」と話し、「コメディー映画で役者がコメディーをやっちゃうほど失礼な話はないと思います。三谷幸喜の本は役者がコメディーをやらなくても面白くなるようにできていますので、そういうふうに意識しているつもりです」と話した。

 また、初めて三谷作品に参加したディーンは「三谷監督や中井貴一さんを筆頭に、ここにいらっしゃる皆さんと過ごした日々は、1年たつとぜいたくで、自分にとって貴重な体験をさせていただいのだなと改めて今日思いました」としみじみ語った。

 そんなディーンについて三谷監督は「ディーンさん面白いんですよ。初めてやった人とは、またこの人と映画を作りたくなるかどうかが、僕にとっていい俳優さんかそうでないかの境い目になりますが、ディーンさんとはもう1回やってみたいなと」と絶賛。

 さらに、三谷監督は「最初は分からなかったですけど、撮影の後半になるにしたがってこの方の面白さや、何か子犬のような目というか、これなんだなというのを感じました。今回は全部描けていないと思いますので、次の作品でディーンさんの面白さが反映されると思います」と語ってディーンを感激させた。

 本作は政治を扱った映画ではあるが、三谷監督は「決して風刺ではないです。風刺映画というのはそのときにしか成立しなくなってしまいます。僕は100年、200年後の皆さんにも見てもらいたいと作っていますので、現代政治を風刺はしたくない。ただ、政治そのものをファンタジーとして作ってみたいのがこの作品です」と意図を語った。

PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ