エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁が恋愛観を披露 「親友と同じ人を好きになったら」に回答

中高生の悩みに答えた(左から)永野芽郁、山崎賢人、新田真剣佑

 映画『二ノ国』公開直前・中高生限定スペシャルトークイベントが14日、東京都内で行われ、声優を務めた山崎賢人、新田真剣佑、永野芽郁が登壇した。

 高校生の青春や葛藤を描いた本作にちなみ、「自身の高校時代」について尋ねられた山崎は「何をやっても楽しかった。18歳で車の免許を取ったので、すぐ海に行って花火をやった思い出があります」と答えた。

 高校時代は米国に住んでいた新田も「それこそ15歳半で仮免を取って16歳で運転して学校に行っていた。友達を迎えに行って『乗れよ!』と言って…」と当時を懐かしんだ。

 また「親友と同じ人を好きになったらどうする?」という質問に、山崎が「恋愛は相手がいてのアレだから。好きな相手が、友達と自分のどっちを好きなのか、というのが大事。『譲るでしょ』とか言いたいところだけど、相手(の気持ち)次第じゃない?」と答えると、新田も「そうだと思う」と同調した。

 一方、永野は「譲らないです」と宣言。「別にいいかな。(私も)好きだからって。ただ親友ならコソコソやるのではなく、『好きなんだよね?』『私も好きなんだ』と。協力して頑張ろうってなる」とスタンスを説明した。

 山崎から「どうやって協力するの?」と突っ込まれると、永野は「一緒にみんなで遊びに行ったりする。でも2人が仲良くしてたら…? それは嫌かな。難しい」と答えた。

 さらに、中高生たちからの質問も受け付けた。「片思いの相手に思いを伝えられない」という女子の悩みに、新田は「後悔するなら当たって砕けるのが一番かな」とアドバイス。

 永野は「言わないのもアリだと思う。本当に好きで付き合いたかったらもう告白している。片思いのときって、追い掛ける自分が楽しかったりするので、今楽しかったら無理しなくてもいい」と持論を展開。これには新田も「格好いい。しっかりしている」と感嘆した様子だった。

 映画は23日から公開。


PR特別企画
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証
TAFISAワールドコングレス2019

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ